弁護士ブログ

2021.09.21更新

 みなさん、こんばんは。

 

 急な質問ですが、法律事務所はどのような場所に多いと思いますか?

 

 まず、都道府県別にいえば、東京都が圧倒的に多いです!

 

 なんと、日本にいる弁護士の半分近くが東京で勤務しています。

 

 なぜここまで東京が多いのか、正直私には分かりませんが、おそらく単に東京で働きたい(それが一種のステータスである)と考えている弁護士が多々いるのではないかと思います。

 

 私は、性格的に田舎の方が向いていると思っています。

 

 

 次に、同じ都道府県内では、どのような場所に多いでしょうか?

 

 結論としては、各都道府県の地方裁判所の近くに法律事務所が多いです!

 

 「当たり前じゃん!」とお考えの方も多いと思いますが、これからは変わってくる可能性が高いと思います。

 

 そもそも、なぜ地方裁判所の近くに法律事務所が多いかといえば、当たり前ですが、裁判所の近くに事務所を構えた方が、裁判所までの移動時間が短いためです。

 

 弁護士や法律事務所の事務員が裁判所に出向く理由としては、裁判に出廷する、訴状を提出する、裁判に関する書類を受け取る等があります。

 

 しかし、新型コロナウイルス感染症の影響で、裁判はオンラインでの実施が多くなりました。

 

 また、訴状は郵送でも提出が可能です。

 

 これからはオンラインの利用がどんどん増えますので、昔に比べて地方裁判所の近くに法律事務所を構えるメリットは小さくなると言わざるを得ません。

 

 そのため、これからは相談者の方が来所しやすい場所(福岡市でいえば、天神、博多駅、大橋駅、香椎駅など交通要所の近く)にどんどん法律事務所が増えていくと思います。

 

 そうはいっても、私はまだ週2回程度は裁判所に通っています。「歩いて裁判所まで行けるのは、とても楽でありがたいなぁ」とたまに感じます。

城

投稿者: 弁護士 天野広太郎

選択が変われば、人生が変わる。

  • 電話番号:092-554-5661
  • ご質問・ご相談はこちら