弁護士ブログ

2020.05.26更新

 今日は雨です。たまに降る雨であれば、風情があって私は好きです。


 GWに入ったくらいから、給料ファクタリング・闇金の返済に関するご相談が多くなっています。


 先に結論から言いますと、給料ファクタリングや闇金からお金を借りる「前」に、是非ご相談ください!

 


 このブログを見てくださった皆様は、「給料ファクタリング」をご存知でしょうか?



 給料ファクタリングを簡単に言うと、借主がファクタリング会社(貸付会社)から金銭をもらう代わりに、借主が将来給料を受給する権利をファクタリング会社(貸付会社)に譲渡するシステムです。


 具体例を挙げると、5月26日に借主がファクタリング会社(貸付会社)から20万円をもらう代わりに、借主が6月15日に給料25万円を受給する権利をファクタリング会社(貸付会社)に譲渡する場合です。



 貸金の場合、利息制限法による利率の規制があります(貸金100万円の以下の場合、年利18%以下)。


 利息制限法の規制を掻い潜るため、ファクタリング会社(貸付会社)は給料ファクタリングなどと銘打っているのだと思います。



 銀行や消費者金融などの借金は破産すれば解決ができます。


 それに対して給料ファクタリングや闇金の場合、家族や職場にしつこく電話を掛けるなどの嫌がらせを受けることがあり、単に破産すれば解決できるというものでもありません(場合によっては、離婚や退職を余儀なくされます)。


 給料ファクタリングや闇金からの貸し付けを考えている方は、金銭的に相当追い詰められています。


 そのような貸し付けを検討している時点で、自力で解決することは相当難しいので、是非お早めにご相談ください。

投稿者: 弁護士 天野広太郎

2020.05.20更新

 ※この記事には法律に関する話は出てきません。完全なプライベート記事です。


 近頃、裁判期日が取り消しになった影響で自由時間がとても多くなり、読書の量が増えました。


 ジャンルとしては推理小説やミステリー小説を読むことが多いですが、法律以外の勉強になる本もたまに読んでいます。


 最近読んで面白いと思ったのが、「哲学用語図鑑」です。


 昨年か一昨年、アドラー心理学について書かれた「嫌われる勇気」を読んで面白いと思い、調子に乗って(?)ニーチェの弟子と別の哲学者の弟子の対話本を購入しました。しかし、全く意味が分からず挫折しました。


 「哲学用語図鑑」はそれ以来の哲学本でしたが、各時代ごとの哲学者の考え方が分かりやすく書かれていて、とても面白かったです。


 「哲学用語図鑑」を読んで学んだのは、人の考え方はその人の素性だけで決まるのではなく、当時の社会構造や言語にも左右されるということです。


 直近で言えば、第2次世界大戦前の哲学とそれ以降の哲学では考え方に違いがあるように思います。


 今回のコロナウイルスの影響で新しい哲学的な考え方も出てくるのではないかと思います。


 また、数学者として有名なピタゴラスやデカルトなど、各分野の第一人者が真剣に哲学について考えていたことも、とても面白いなと思いました。


 次は、ワインの本を読んで、ワインについて見識を深めたいと思っています。

投稿者: 弁護士 天野広太郎

2020.05.11更新

 だいぶ暑くなってきて、半袖で出歩ける季節になりました。


 GWも終わりましたので、今週からしっかり頑張っていきたいと思います!



 GW中は、Zoom帰省したり、私が加入させてもらっている福商ビジネス倶楽部のZoom会議に参加いたしました。


 コロナウイルス終息のため、人と接触しない新しい生活様式に適応していきたいと思います。


 その活動の一環として、Zoomを使った法律相談を開始いたしました。


 「直接面談するのは避けたい」、「電話だけでは不安である」という方は、是非Zoomでの法律相談をお申し込みください!!


↓ Zoom法律相談の背景です

事務所

投稿者: 弁護士 天野広太郎

2020.05.08更新

 5月に入り、暑すぎず寒すぎず過ごしやすい気候となりました。


 ただ、緊急事態宣言が延長されましたので、きちんと外出自粛を続けていきたいと思います。



 新型コロナウイルスの影響により、収入が激減した方や失業した方が多くおられます。


 弁護士である私自身も、新型コロナウイルスの影響で法律相談の機会が少なくなり、売り上げが減少しています。



 今の時点でも宿泊・観光会社の破産申立てが続いていますが、これからどんどん破産申立て数は増えていくと思います。



 経営が立ち行かなくなり手元資金がない会社は、破産申立てすらできません。会社の破産申立てには、破産管財人報酬など多額の費用が掛かるためです。


 新型コロナウイルスの影響により、破産申立てできない廃業者も多く出ることでしょう。



 収入の減少や失業により、借金を作っても自己破産や個人再生を行えば、新たなスタートを切ることができます。


 借金問題でお悩みの方は、一人で思い詰めずにご相談いただければと思います。


 初回相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。


 特に闇金や給料ファクタリングに手を出そうとしている方、非常に危険ですので、それらに手を出す前に是非ご相談ください。



 福岡県の新型コロナウイルスの感染者数は激減していますので、経済活動の再開もそう遠くはないと思います。


 居酒屋さんのお弁当を食べたり、ウーバーイーツを利用しながら、また皆で居酒屋さんに行ける日が来ることを願っております。

飼っている犬

投稿者: 弁護士 天野広太郎

選択が変われば、人生が変わる。

  • 電話番号:092-554-5661
  • ご質問・ご相談はこちら