2020.06.05更新

Q.交通事故に遭い、整形外科での治療を続けていましたが、事故から半年が経っても、肩の痛みが引きません。

相手方保険会社は、治療を打ち切るぞ!と言ってきますし、どうすればよいでしょうか?

 

A.治療を打ち切るかどうかは、相手方保険会社が決めることではなく、主治医と被害者様が相談して決めることです。

ですので、①主治医から継続治療が必要である旨をカルテに書いてもらう、②相手方保険会社に「主治医が継続治療が必要だと言っている」ことを伝える等すべきだと思います。

治療に効果が見られないようになったら、後遺障害の等級認定手続きを行ってください。後遺障害と認定されれば、後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益などを請求できます。

治療の打ち切りや後遺障害で悩んでいるようでしたら、弁護士を立てて交渉ください。専門家に任せることで、不安な気持ちが楽になると思います。

 

投稿者: 福岡パシフィック法律事務所 弁護士天野広太郎

2020.06.05更新

追突事故に遭い、首や腰に軽い痛み(仕事や家事ができないほどではない)が出るケースが多々あります。

この場合、病院に行くのを我慢していると、さほど怪我していないと見做されて、慰謝料がもらえなくなる可能性があります!

交通事故に遭ったら、軽傷であっても治療をして、きちんと痛みに対する慰謝料をもらえるようにするのがよいです!

示談金の交渉は弁護士にお任せください。

投稿者: 福岡パシフィック法律事務所 弁護士天野広太郎

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

選択が変われば、人生が変わる。

  • 電話番号:092-554-5661
  • ご質問・ご相談はこちら