2020.06.05更新

Q.夫が勝手に自宅から出ていき、不貞相手と同棲しています。

夫が「離婚してくれ。」と身勝手な要求をしてきており、離婚したくありません。

不貞相手の女性に慰謝料請求したいです。

 

A.不貞相手の女性に対し、慰謝料請求を行いました。

慰謝料として150万円を取得することができました。

夫婦関係が破綻した原因が配偶者側にある場合、有責配偶者からの離婚請求に応じる必要はありません。

離婚するにしても、有利な条件で離婚できる場合が多いので、是非一度ご相談ください。

投稿者: 福岡パシフィック法律事務所 弁護士天野広太郎

2020.06.05更新

Q.新型コロナウイルスの影響で、私(夫)が在宅ワークをするようになり、妻との関係が悪くなりました。

ずっと家にいることと、私の給料が減ったこと等が原因です。

お互いに離婚したいという気持ちになっています。

 

A.離婚する際は、子どもの親権者、養育費、財産分与、慰謝料などいろいろなことを決めなければなりません。

また、離婚後に戸籍の変更や年金分割の手続きなどいろいろな煩雑な手続きをしなければならず、元配偶者の協力が必要になってきます。

代理人として弁護士を立てて、相手方と話をしてもらった方がスムーズに解決できる場合が多いです。

 

投稿者: 福岡パシフィック法律事務所 弁護士天野広太郎

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

選択が変われば、人生が変わる。

  • 電話番号:092-554-5661
  • ご質問・ご相談はこちら