2018.08.05更新

被害者の気持ちを考えて真摯に反省した上で、直接謝罪すべきだと思います。

投稿者: 福岡パシフィック法律事務所 弁護士天野広太郎

2018.08.05更新

接見禁止決定に対する準抗告等を申立てることで、会えるようになる可能性があります。

投稿者: 福岡パシフィック法律事務所 弁護士天野広太郎

2018.08.05更新

起訴前は勾留取消し、起訴後は保釈をしてもらうことで自宅に戻ることができます。認められる可能性があるのであれば、速やかに申請を行うべきです。

投稿者: 福岡パシフィック法律事務所 弁護士天野広太郎

2018.08.05更新

保釈を許したときに逃亡や罪証隠滅の恐れがあるかどうか、保釈する必要性があるかどうかなどを判断した上で保釈が認められる場合があります。保釈申請を行う場合、保釈金を用意することがほとんど必須となります。

投稿者: 福岡パシフィック法律事務所 弁護士天野広太郎

2018.08.05更新

不起訴や釈放を目指すためには、早期に被害者と示談したり、身柄解放された後の生活環境を整えることが重要です。 また、保釈の場合、保釈金を事前に用意することが必須となります。

投稿者: 福岡パシフィック法律事務所 弁護士天野広太郎

選択が変われば、人生が変わる。

  • 電話番号:092-554-5661
  • ご質問・ご相談はこちら